Live2DモデルをFaceRigで動かしながらゲーム配信をするための機材紹介

配信
赤兎 黒
この記事では、赤兎 黒 が配信に使っている機材を紹介します。

以下の環境で配信した動画はこちら。
プレイしたゲームは一般的にスペックが要求されるArk:Survival Evolveです。
音質の参考などにしてください。

PC

ゲーム配信をおこなうため、CPU、メモリ、グラフィックボードは高めのスペックを意識しつつ、予算もあるので高くなりすぎないように構成しました。

CPU:Intel Core i7-9700 3.00GHz

メモリ:16.0GB

グラフィックボード:GeForce GTX 1660 Ti

SSD:256GB

HDD:2TB

ゲーム配信をしたい!と思っているけれど、PCに詳しくないしなとお悩みの人は、メーカーが販売しているゲーミングPCの中でCPU性能の良いものを選ぶことをオススメします。

モニター

ASUSTekの フレームレス モニターブルーライト軽減 23インチモニター

仕事と配信用PCを兼用しているため、長時間操作していても疲れないように一応ブルーライト軽減モニターを使っています。

23インチにしているのは、デュアルモニターで運用しているため1画面がそこまで大きくなくても余裕があるためです。ただ、ゲームプレイ用にもう少し大きいモニターにするか湾曲モニターに変えるか検討中です。

ミキサー

YAMAHA AG03

安い、簡単、高品質の3拍子そろっていて入門用にピッタリです。
マイクもセットでついているmarantzのマイクを利用していますが、今のところは不自由ないです。

もっとお金を出せば良いものはありますが、まずは配信をしてみたいという方は、この辺りから始めてみてはいかがでしょうか。

ヘッドフォン

One Odio

ヘッドフォンとしてはかなり安かったのですが、思いのほかしっかりしていて音も綺麗に聞こえます。変換プラグインもついているので、モニタリング用以外でも使えます。

デスク

L字デスク

椅子

GALAXHERO ゲーミングチェア

これもゲーミングチェアの中では安かったのですが、普通のオフィスチェアを買うくらいならこちらをオススメしたいくらい不満はないです。腰と首にクッションがあるため、長時間座っていても腰や首の疲れがたまりにくく痛くなることが減りました。

まとめ

実際に配信で使っている機材を紹介しました。
上記の環境でどのような配信になっているかは、一度配信を見に来て確認してみてください。

画質、音質ともにもっと良いものにしたいなという方はワンランク上の機材を、予算がないしもうちょっと落としても良いかなという方はパーツをワンランク下にという具合に参考になるかと思います。

参考になったという方は、チャンネル登録やTwitterフォローなどしていただけると活動の励みになります。よろしくお願いします。